士の会の組織について - 同志社校友会大阪支部 士の会(サムライの会) 同志社大学校舎。同志社校友会大阪支部士の会
同志社校友会大阪支部士の会サムライの会の筆線1

同志社校友会大阪支部士の会総会風景

同志社大学

士の会概要・代表あいさつ

同志社校友会大阪支部士の会の新着情報

 士の会は、同志社校友会大阪支部の所属する6つの「士」(弁護士・公認会計士・税理士・社会保険労務士・司法書士・弁理士)の会員を横断的に組織するものです。会員の相互交流・研鑽のみならず、校友会会員の皆様にとって身近で安心できる相談相手としての専門家集団であり、現役学生や同志社関係各校に対する様々な支援に取り組む専門家のネットワークです。
 例えば、校友会会員の皆様が、日常生活や事業活動において直面する法務・税務・会計等のあらゆるお困りごとについて、専門家に相談したいが具体的な相談先がないという場合、当会の会員がそれぞれの専門分野を活かしてサポート致します。また、大学のゼミ等で専門家の実務家講師を呼びたいというケースでも、士の会・サポーター会員が講師を引き受ける等、同志社の研究・教育に対して専門分野を活かして支援を致します。最良の相談相手となるべく、情報交換会・勉強会を相互に開催して、士自身がスキルアップをしていきます。

 士の会は、校友に対し信頼できる士業の知識や情報を提供・発信いたします。会員が情報を公開・共有することで、共通の知人がいたり同郷であったりと、繋がりを強めることができます。支部・校友会活動の活性化・同志社ブランドの向上・ネットワークの構築・・・ 当会の特性を活かした活動でその輪を拡げ、様々な可能性を追求していきます。

 「少々角あるも可。奇骨あるも可。ただかの優柔不断にして安逸をむさぼり、いやしくも姑息の計をなすがごとき軟骨漢には決してならぬこと。これ予の切に望み、ひとえに願うところなり」 新島先生のこの言葉を士道として共有し、会の運営に当たります。何卒、皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。

同志社校友会大阪支部 士の会代表 廣石 佑志の写真 士の会代表 
廣石 佑志 
(経済学部01年卒 弁護士)
同志社校友会大阪支部士の会サムライの会の筆線2